エンジニアらいむの日常。

雑学大好き。ガジェット大好き。キワモノ大好き。そんな91年生まれのアラサーエンジニアが周りに流されずひたすら綴っていくブログ。競馬予想AI開発中。分析結果を公開しています。

フランス発の大人気絵本『リサとガスパールのおもいで展』に行ってきた

たまにはのほほんとした話題も・・・書かせてくださいね。

前書き

私はいわゆる「ポケモン世代」。
小学校に入るか入らないかくらいの時期に初代ポケモンの赤と緑が発売されて、リアルタイムで楽しんでいました。
最近は仕事や勉強等で忙しくてなかなかプレイ出来ていませんが、割と暇だった時代に発売された3DSシリーズに至っては軽く1タイトルあたり数千時間プレイしていましたね。
私にとってポケモンとは何歳になっても好きで居続けることが出来る存在です。

さて、前置きが長くなりました。
ポケモンと同じくらい大好きなキャラクターがいます。それが『リサとガスパール』。フランスで有名な絵本のキャラクターです。
同世代の方はあまりご存じないかもしれません。何故なら日本ではまだ20年しか販売されておらず、私と全く同じ世代の方にとっては脱絵本後に登場した物なのです。
今回はその『リサとガスパール』とはどんなお話なのか、そして今回のイベントに行ってきたお話の2本立てでお送りします。

リサとガスパールとは?

先にも書きましたとおり、フランス発の絵本に出てくるキャラクターです。
ウサギでも犬でもない不思議な生き物がパリの街で人間と共に生活している様子を描いた物語です。

www.lisagas.jp

白い方がリサ、黒い方がガスパール。
とても活発なリサと、ちょっぴり臆病だけどとても心優しいガスパール。とても仲の良い2人。一緒にイタズラしたり、時には喧嘩することもあったり。でもたとえ喧嘩してもすぐに仲直り。
自分に子供が出来たらこんな子たちに育ってほしい、そう思いながらいつも見ています。

好きになったきっかけ。

最初は長くお付き合いさせていただいている方からの影響でした。
子供の頃に絵本を読んだことがあり、その時からずっと好きなキャラクターだよ、と目を輝かせながら教えてくれました。
その後、Amazonプライムビデオにアニメ版があることを知り一気に全話鑑賞。そこですっかり虜になってしまいました。

いつか絵本を全巻揃えたいですね。

『リサとガスパールのおもいで展』について

f:id:rhymerr:20210226165426j:plain

日本上陸20年を記念したもので、ざっくり言うと絵本の原画を公開しているイベントです。原作好きには堪りません。
原画に作品のあらすじを添えてあり、原作を読んだことのない方でもリサとガスパールの世界に溶け込めるようなイベントに仕上がっていました。
見たことのあるシーンも、製作者サイドのコメントが添えられることによって「なるほど」と納得したイベントでもありましたね。

物販もあるよ!

今回のイベントは物販の規模が最大級であることもポイント。合計700点以上の品揃えだったようです。
その中には今回の限定グッズも取り揃えられており、アニエス・ベーやナノユニバースとのコラボアイテムなどもラインナップされていました。

私ももちろん色々なグッズをゲットしてきました。一部お見せしていきますね。

オランジーナコラボグッズ

f:id:rhymerr:20210226165444j:plain
f:id:rhymerr:20210226165453j:plain
只今販売されているオランジーナのラベルはリサとガスパールとのコラボモデルになっています。
今回のイベントでもしっかりと紹介されており、専用のグッズまで販売されていました。

ランチバッグ

f:id:rhymerr:20210226165458j:plain
中が銀色の保冷素材になっている手提げバッグです。
お弁当を入れるのにぴったりですね。

手提げバッグ

f:id:rhymerr:20210226165503j:plain
フランスのテキスタイルブランド『レ・トワール・デュ・ソレイユ』とのコラボ商品です。
本当はアニエス・ベーとのコラボを狙いに行ったのですが、実物を見たら思っていたものと違ったのでこちらをチョイス。 とてもしっかりとした出来栄えです。

レジカゴバッグ

f:id:rhymerr:20210226165507j:plain
レジ袋有料化に伴って利用者が増えましたね。
絵柄はランチバッグと同じです。

マグカップ

f:id:rhymerr:20210226165513j:plain
こちらは会場限定品のようです。
とても仲良さそうにフランスの街を歩く2人が描かれています。

お買上特典

f:id:rhymerr:20210226165530j:plain
3000円以上お買い上げでボールペンとステッカーが貰えます。
ステッカーは日替わりのようです。

感想。

良かった点

まずは良かった点から。

何も知らずに行っても楽しめるくらい、説明文が豊富だったこと

原画1つ1つにシナリオが込められていました。
私も全てのお話を知っているわけではないのですが、そんな状態でも関係するお話について頭の中に浮かんできました。
これを見たら更に絵本を揃えてしまいたくなります。

原画を至近距離で見られること

柵などは一切ありません。本当に目を凝らして見ることが出来ます。
また、原画だけでなく下絵や主人公であるリサの家の模型が展示されていたり、それから原作の名場面である『リサとガスパールのマフラー交換シーン』もぬいぐるみで再現されていました。
絵本の世界観に溶け込めるだけでなく、「アート」を感じられるイベントだったと思います。

物販が素晴らしい

正直、私の最大の目的はこちらでした(笑)
リサとガスパールのグッズって取り扱っているお店が全然ないんですよね。
ガッツリ買い揃えようとしたら公式通販を使うか、富士急ハイランドの『リサとガスパールタウン』に行く他ありません。

そして今回のイベント限定のグッズもかなり豊富だった点ですね。これを買いに行くだけでも価値があると思います。

ちなみに原作である絵本もフルラインナップでした。発行からだいぶ日が経つものも多く、書店だけではなかなか揃えられないんですよね。
もしお金に余裕があれば絵本を全て買い揃えたかったのですが、それはまたの機会にってことで。

悪かった点

逆に残念だったポイントも。

開催時期が悪すぎたこと。

コロナ禍で来られない方も大勢いたでしょう。そこは大変残念に思います。

『限定グッズ』に価値があることは大いに理解できます。
ですが仮にも緊急事態宣言下ということもあり、遠方の方は欲しくても欲しくても「この状況だから仕方ないね」と我慢してしまうという現実。
とても魅力的なものが多かったので、何とかして本当に欲しい人のもとにグッズが届いて欲しいと思いますね。

逆に言えば、この状況でなければ本当に文句なしのイベントだったと思っています。
運営さん、是非是非また開催を期待しています!